読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人材育成をゆるーく考えてみる

人材育成は奥が深い気がする! その深淵にみんなで行きませんかー。

あ? ヤル気あんのかアンケート ①

理論

「このアンケート意味あるの?」

私が入社して最初に与えられた仕事は、主に研修の事後アンケート(以下、アンケート)の集計でした!

目の前の”何か”を尋ねたアンケートと回答を見ながら思いました!

「これはなんのためにやっているのだろう…」…

…問題を作る労力、配布・回収の労力、回答の労力、集計の労力、分析の労力に見合うデータや知見は、このアンケートから果たして得られるの…か…? 

f:id:suwamika:20160623203907p:plain 

 「…いや、得られなさそうだなーっ…」

 

…そんなきっかけからアンケート、もとい、教育効果測定について調べ始めました。

もし、あなたがアンケートを作成したことがあるならば、そのアンケートに対して次の2つの質問を投げかけてみてください。

 

問1 このアンケートはなんのため取りますか? 30文字で答えてください。
問2 このアンケートで何がわかりますか? 30文字で答えてください。

 

…さて、どんな答えが出ましたか?

…そもそも、質問の意味、わかりました?

 

問1はアンケートの目的を、問2は測定対象となるスキル・素養・事象等を聞いています。 ですので解答例としては以下のようなことが挙げられます。

問1 「なんのため?」回答例
・研修の改善を測るため
・受講生の習得度を測るため
・上長に報告するため

 

問2 「何がわかる?」回答例
・受講生がどれだけ内容を理解していたかがわかります
・内容が受講生のレベルに合っていたかがわかります
・研修のボトルネックがわかります
・研修生が本当にやりたかったことがわかります

 

実は、この2点をあらかじめ決めてからアンケート(効果測定)を設計していくのが、王道であり近道でもあると私は思います。

 

次回、問1「なんのため(目的)」をもう少し吐き出します!